2017/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

旅行記も今回で完結です!




帰国の日。

朝起きて、荷物の準備。



朝8時過ぎにホテルを出て、空港まで送ってもらいました。



空港で荷物を預け、暇だしエジプトポンドも余ってたのでカフェに入ることに。

そこで、アスワンのツアーで一緒だった日本人に偶然会って、一緒に話したりした。



あたしはまだお金があまっちゃったのでお土産やさんで偽パピルス(葦で作った紙)買った笑

おそらく偽者だから葦じゃなくてバナナとかだろうけど。






いよいよエジプトを出発するときです。

11時過ぎの飛行機。

行きは通路側だったけど、帰りは窓側だった。



だんだん小さくなっていくエジプト。

茶色い大地が続いてます。


いろいろあったけど、エジプトは本当にダイナミックでおおらかで歴史と共存してる素敵な国でした。

まだまだやりたいことは沢山。

またいつか行きたいなあ。







帰りもタシケントを経由してインチョンへ。



行きがかなりの苦痛だったけど、意外と帰りは寝れました!

友達は一睡もできなくて映画見てたらしいけど…笑



インチョンについたのは、カイロを出た次の日の7時ごろ。


ここで3時間ぐらい暇になったので、マッサージやってもらった♪

7000円ぐらいでちょっと高かったけど、めっちゃ気持ちよかったー(人´∀`*)



インチョン→成田は2時間ぐらい。

12時半ぐらいに日本に到着。

バスで地元まで帰りました。



日本の天気は小雨。

雨なんて久しぶりだーって思った。笑

ちょっと肌寒くて、さっきまで(て言っても20時間前ぐらいだけど笑)エジプトにいたと思えないぐらい。




あたしはもちろん地元についてそのままドコモショップ行きました。笑

ケータイの代替機もらってメール問い合わせしたら20件もきてたー










海外旅行の経験がほとんどなかったあたしが、

女2人でフリーでエジプトに行くなんて最初は不安ばかりでした。


移動手段とか、治安とか、食事とか…


でも人に恵まれたこともあり、行ってみたら想像以上にすごくて、楽しめました。



ピラミッドもスフィンクスもカルナックもハトシェプストもアブシンベルも…

それぞれ歴史を感じて、壮大で、驚くことばっかり。



機会があったらぜひまた行きたいな!

今度は砂漠ツアー行きたい(゚∀゚)








長くなりましたが、エジプトだいすきになった今回の旅行でした★


最近更新できてなかったわ。

なんと今日はエジプト旅行に出かけた日からちょうど1ヵ月。

早いなー。







えーっと、旅行もこの日が8日目かな? たぶん。

リゾート気分を味わえるのは1泊だけ。

今日はもうカイロに帰ります。



朝はプールに面したテラスでバイキング♪

風が気持ちいい〜。+.(○´∀`ノノ



カイロ行きのチケットをまだとっていなかったので、

早めに行くために9時過ぎにはホテルを出ました。


さよならインターコンチネンタル。


10時半にカイロ行きのバスがあることは事前にチェックしていたので、

平気で割り込みするエジプシャンに負けじとうちらもなんとかチケット購入。


アッパーエジプト社のバスで、料金は1人75ポンド(約1400円)

帰りはなかなかキレイなバスでした。



アスワン→ハルガダが結構ハードだったので覚悟して乗ったけど、

今回は静かでなかなか快適だった!


紅海、スエズ湾沿いを行くのでこんな景色がずっと続いてました。



時間も思ってたよりぜんぜん早い!

16時半ぐらいにはカイロに到着。


ただいまー!

相変わらずクラクションが鳴り響くカイロ。

それも約1週間ぶりに帰ってくると懐かしいような気がしてしまう。笑




すごい渋滞のカイロ。

やっぱり圧倒されるけど、なんとかして大きい道路をわたってホテルに向かいました。



ホテルは1泊目、2泊目に泊まったとこと同じホテルを最初から予約済み。

予想外に早くついたので、荷物を置いて諦めていたお土産を買いにカイロの街へ!



エジプトポンドはたくさん余っていたので贅沢にタクシーひろって近くのスーパーに連れてってもらった★


デーツ(ナツメヤシ)入りクッキー
マンゴージュース
ココナッツ入りのケーキ

とか買いました。






ホテル近くの市場の様子。

24時間OPENらしい。
すごい色鮮やかでおいしそうな野菜や果物が1日中ならんでる。

でも売れてる気配はあんまなくて、ちょっと怪しい。笑







ホテルではバルコニーで砂糖をたっぷり入れたシャーイを飲みながら風を感じる。

デジカメを眺めながら旅の思い出を振り返ると、なんだか本当に寂しくなってきちゃいました。



帰りたくないなあ…。



でも、お別れの時は近づいています。


前日、真夜中の街を大荷物を引きながらやっと探したホテル。

この日はゆっくり起きて、10時過ぎにチェックアウトしました。





ハルガダは紅海に面したリゾート地!

この日は1日贅沢day!と行く前から決めていました。

ホテルも今までとは違うリッチなところの予約を予め取ってあります。





でもそのホテルのチェックインが13時だったので、

オープンテラスのカフェでまったりすることに。

そこで頼んだのは、フレッシュマンゴージュース♪


エジプトではフルーツをそのまま絞ったジュースがめっちゃおいしいらしいので、

お腹痛くならないかちょっと不安だったけど思い切って飲んでみることに。


これがすごーくおいしかったんです!

マンゴーの濃い味が最高! 上の赤いのはストロベリー。



ここのスタッフの兄ちゃんが話好きで、なんだかいろいろ話しかけられた。

英語だったので何言ってるかあんまりわかんなくて、適当に聞き流しといた(・∀・)





12時半ぐらいになって、予約してたホテルへ!

インターコンチネンタル リゾート&カジノ ハルガダ とゆうホテルに泊まりました。

まず、門からホテルの入り口までの長いこと。笑

この旅では経済的〜中級のホテル(ダブルで1泊¥2400ぐらい)ばかりだったので。。

入ってすぐ荷物を持ってくれるとか
チェックインのあいだにジュースをくれるとか
荷物はあとで部屋に持ってきてくれるとか

庶民のあたしはいろいろ驚いた笑

そのくれたジュースがカルカデのジュースだったんだけど、すごいおいしかった(*´`)

カルカデってハイビスカスのことらしい。 あとから知ったー。



じゃーん! 部屋からの眺めです。

全室オーシャンビュー♪

写真だとわかりにくいけど、左奥に海が広がってます。



こんなとこ来たら、もちろん入るよねー

もちろんプライベートビーチです!

めちゃめちゃきれいです。 グアムも海きれいだったけど、それ以上かも。

しかも人があんまりいないってのがいい(≧U≦●)

本当に海とプールと空を独り占めしてるって感じ!



タイミング悪く生理中だったので足だけってのが残念すぎるけど…

砂浜のベンチに座って風を感じてるだけで癒されたからよし♪

これまでの旅行が走馬灯のように思い出された笑







夜はホテル内のレストランで★

たまたまホテルで結婚式の2次会ぽいのやってた!

花嫁さんめっちゃきれいだった(〃∀〃)


そこで、エジプトのビール『ステラビール』飲んでみた。


もともとビール好きじゃないのでよくわかんないけど、

後味がワインみたい。 いかにもアルコールって感じの味だった。






そのあとは部屋のバルコニーで最高の景色を眺めながらまったり◎

そういえば、この日ちょっとお腹ゆるくなったなー。 すぐ治ったけど。




明日は早くもカイロに戻らないといけません。

バルコニーでうとうとしちゃって、結局意外と早く寝ました。


6日目です。 この日は移動日なのであんまり書くことないかも。





この旅行でこの日が始めてかもしれない、ちゃんとホテルで朝ごはん食べたの。


・細長いコッペパンみたいの(アエーシ・フィーノというらしい) ジャム、マーガリン
・ゆで卵
・チーズ
・紅茶

向こうの朝食はほぼ100%このメニューです。笑




エジプシャンは甘いものだいすきで、お菓子とかも甘々。


紅茶(シャーイ)も砂糖をたっぷりかけて飲むのがエジプト流。

写真真ん中左にあるのが砂糖なんですが、

紅茶についてるスプーン山盛り2杯は普通に入れます。


暑いからなのかなー、 向こうに行くとそれがめちゃめちゃおいしく感じるの(*´`)









午前中はフルーカという船に乗ってキッチナー島に行きました。


こんな感じの船。

これはフルーカ2隻とボートがくっついてる。

フルーカは手漕ぎなのでたまにボートの力を借りるみたい。笑



キッチナー島は小さくて、島全体が植物園になっていました。

現地の子供たちが遠足してた♪


エジプト人、とくに女の人は写真が好きみたい。

寄ってきて 『あたしたちを撮って』 みたいな素振りをするので撮って見せてあげた。

そしたらずいぶん満足そうな顔をして去っていった。

やっぱりイスラム圏なので、顔にストールみたいの巻いてる人は多いです。






キッチナー島から見た対岸。

うーん やはり絵になりますなあ。







このあとはバスの時間まで暇つぶし。

ホテルはチェックアウトしてしまったので、ひたすらロビーでぼーっとしてた。



15時前にあの親切なお兄さんが迎えに来て、バス停まで連れてってくれた。

アスワンにいる間、この人には本当にお世話になったなあー


あたしたちがバスの座席に座るまでしっかり見届けてくれて、最後に握手して別れた。

何から何までありがとー(´;ω;`)









さて、ここからがまた長かったんです。


まずうるさくてちっとも寝れない!笑

運ちゃんはずーっとクラクション鳴らしてるし、

乗客はバスの中についてるテレビでコメディ番組見たりケータイで音楽かけたり。



そして、大幅な遅延。

本当は22時半ごろにハルガダという紅海に面した街に着く予定だったんだけど、

一向に到着する気配がない。。。


しかもあちこちで人降ろしたり乗せたりしてるから

もしかしたらもう過ぎちゃったのかも? って不安になるぐらい。



結局ついたのは0時半ぐらい。

こんな日に限って泊まるホテルを決めてない!



…仕方ないので適当に中級ホテルに泊まりました。

1回 『満室です』 て断られたけど笑

うちらそんなにみすぼらしい格好してた?笑










ルクソールに着いたあとの送迎から今日のハルガダへのバスチケットまで、

初日に泊まったカイロのホテルの人にお願いして手配してもらったんだけど、
(送迎、観光の際の移動や英語ガイド、ホテルなど全て)

本当にお願いして正解だったと思いました



自分たちが考えていたスケジュールの通りに回ることができたし、

ツアーみたいに修学旅行チックになることなくある程度自由に楽しめる。


自分たちとガイドブックの力だけで回ってたら、絶対予定通りにならなかったと思う…。

バスや電車も分単位の時刻表がある日本に住んでるとそれが当たり前だけど、

そんな常識エジプトじゃ通用しない! (時間はあってないようなもの笑)










明日は1日リゾート地を満喫するぞー♪

ってことで、今日寝る場所もなんとか見つけられたので、シャワーあびておやすみなさい〜〜


さて、いよいよアブシンベルに向かう旅行5日目の様子です!




この日は2時に起きました。笑

そして集合は3時過ぎ。


これから日帰りでアブシンベルに向かうため。




早朝からアブシンベルへ行くツアーはたくさんのホテルが行っています。

安全のために警備の車とともに隊列(コンボイ)を組んで行かなければならないらしく、
多くのバスが列を作ってました。



ホテルの人に朝ごはんのボックスをもらい、いざ出発。

まあもちろん車の中で爆睡でしたが…笑



ふと気づくと少しずつ外が明るくなっていました。

そして、見渡す限りの砂漠。

走っているのは果てしなくまっすぐな道でした。


車の中からみた朝日。

眠かったけど、とーってもキレイだった!

ちゃんと地平線からのぼる朝日みたの初めてかもしれないなー





そして7時ごろついにアブシンベルに到着!

朝からバスと人がうじゃうじゃ。


そして、やっと会えましたー!

アブシンベル大神殿(〃∀〃)

やっぱり迫力はここが1番かもしれないなー!

この写真はイマイチであんまりすごさがわからないけど…



水没から逃れたことで有名な神殿のひとつ。
イシス神殿と同じようにブロックに分けて、もとの位置より60m上に移動させました。


4体ならんでいるのはラメセス2世。

エジプトではやたら目にするし耳にするこの名前。
なかなか自己顕示欲が強く、大往生したファラオだったらしい。

1番奥の至聖所にも神様とならんでちゃっかり自分の像つくっててうける笑




となりには小神殿もあります。

王妃のネフェルトアリのためにつくったんだって!

これも大神殿と共に移転されたもの。



アブシンベルはエジプトの南の端にあって、スーダンとの国境に近い場所。

朝だったのにだいぶ暑かったです。 さすがアブシンベル…!



9時前に出発し、アスワンに戻ってきたのは12時過ぎ。

けっこう疲れてたけど、せっかくなので少し休んでからアスワンを散策することに。



でも外に出たのが1番暑い時間帯で、歩いてるだけでしんどい:*:・(ノд`。)・:*:

がんばってボート乗り場まで歩き、ナイル川に浮かぶエレファンティネ島というところに行きました。


最初にあったのはアスワン博物館。

エレファンティネ島で見つかったものが展示されてました。

(本当はいいのかわからないけど)係りの人が「写真とっていいよ」って言ってたので遠慮なく撮らせてもらいました。

棺の足元。

なんとミイラが入ったままなんです!

つま先が見えるううう……






次は、隣にあったクヌム神殿。

神殿とゆうか… 遺跡ってかんじでした。
観光客ほとんどいなくて、ゲームの中の世界に入り込んじゃったような気分になった。

宝探しでもしたくなるような♪





クヌム神殿のはじっこ、ナイル川沿いにあったこれはナイロメーターとゆう目盛りみたいなの。

昔、ナイル川の水位を調べるために使ってたみたい。







まあそれにしても暑い暑い暑い…

帰りはもうクタクタで客引きの声とかも耳に入ってこなかったー



3時過ぎに外に出るもんじゃないと改めて思いました

実際その時間あんまり向こうの人は外に出ないので街に人が少ない。笑




明日はいよいよリゾート地ハルガダへ向かいます!


あーーーもう少しでレジュメ作り終わりそう!

でもだるくなってきたーー。





今回旅行したルートを地図とともに紹介しようかなーと思います



やたら大きい地図になっちゃったけどまあいいか。


ルートはこんな感じです。

21日    成田
        ↓
        ↓飛行機
        ↓
        カイロ       (カイロ泊)

22日     カイロ、ギザ   (カイロ泊)
        
23日     カイロ
        ↓
        ↓飛行機
        ↓
        ルクソール   (ルクソール泊)
        
24日     ルクソール
        ↓
        ↓鉄道
        ↓ 
        アスワン     (アスワン泊)

25日     アスワン
        ↓ 
        ↓小型バス
        ↓
        アブシンベル
        ↓
        ↓小型バス
        ↓
        アスワン     (アスワン泊)

26日     アスワン
        ↓
        ↓バス
        ↓
        ハルガダ     (ハルガダ泊)

27日     ハルガダ     (ハルガダ泊)

28日     ハルガダ
        ↓
        ↓バス
        ↓
        カイロ       (カイロ泊)

29日     カイロ
        ↓
        ↓飛行機
        ↓ 
30日     成田




書いてたらわかりにくくなってきちゃった(´・ω・`)笑



エジプトは移動に時間がかかるので主要な見所を回るのにも日数が必要です。

実際うちらは8泊10日だったけど、ぜんぜん長いほうではないみたい。

いろんなとこ行きたかったので、これでもだいぶ駆け足でしたー。



ホテルの人に手配してもらえたおかげで無事に回れたようなもんです(⊃´∀`)⊃))






さてー

アブシンベルの話でも更新しようかなー♪


卒論がめんどくなってきたので息抜きに旅行記を(゚∀゚)






4日目です。 この日は6時起きぐらいかなー。


エジプトのホテルはだいたい朝食付き。

でもどの日も朝早くてごはん食べる時間がなく…
この日もチェックアウトして待ち合わせ時間になるまでの5分くらいでパンを数口食べただけ(´・ω・`)



これから列車でアスワンへ移動します。

前日ホテルまで送迎してくれた人(通称バイク好きの兄ちゃん)がまた来てくれて、
ちゃんと列車の中の座席まで連れてってくれた。


列車の中はお世辞にもキレイとは言えなかったけど、
エジプシャンの日常が覗けたかんじがして楽しかった(・∀・)

近くに座ってたおじさんが親切にいろいろ教えてくれたし!


3時間ぐらい走るとアスワンに到着。

ここでも列車を降りると迎えの人が待っててくれました。

またこのお兄さんがめっちゃいい人で!

アスワンに滞在する2泊の間この人にお世話になったんだけど、
エジプシャン特有のバクシーシ(チップみたいなもの)を要求することも全くない!

日本語で自分の名前書こうとしてくれるし!



ツアーのガイドさんとかトイレ掃除のおばさんとかルクソールのバイク好き兄ちゃんとか…

いろんな人から要求されるバクシーシにうんざりしかけてたとこだったのでなおさらね。笑





ホテルはたまたま出発前からチェックしてたホテルだったのでラッキー!

近くにあるお菓子屋さんでクッキーを買って帰って部屋でまったりして、
午後からはアスワン観光に向かいました。



最初はアスワンダムとアスワンハイダム。


エジプトの急激な人口増加とかに対応するために作ったダムらしいんだけど、

それによって多くの遺跡がなくなってしまうのを防ぐために

いろんな神殿を場所を移動させたりして守ったのは有名な話らしい。


それでも小さな遺跡とかは湖の底に沈んじゃってるんだって。



ちなみにアスワンハイダム、望遠レンズで撮影するの禁止らしい。

隣の人が大きいレンズ付けて撮ろうとしたら警備の人に「No ズーム!」て言われてた。







次はイシス神殿!

これも水没を免れた神殿のひとつ。

現在はアギルキア島というとこに移転され、そこまではボートで向かいます。


だんだんと近づいてくる。

まさに聖なる島ってかんじです。



第1塔門はかなりキレイ。


場所を移動するときにいくつものブロックに切って運んだそうで、

柱とかよく見るとその切れ目がわかります。




それにしてもアスワンは暑かった。

もちろん、だんだん南に向かってるから当たり前なんだけど。

午後は特に日差しがやばくて体力すぐ奪われましたー(´∀`;)










夜は駅前のスークを歩いてみた♪


道幅も広くてなかなかいい感じでした。

『ジャパニーズ? チャイニーズ?』 『ニーハオ! コンニチワ!』
『ミルダケタダ』 『ワンダラー ワンダラー』 『キレイ〜 カワイイ〜』

…とか何とか言われまくって疲れますが。笑



夜ご飯は向こうの人からするとちょっとお高めのエジプト料理のレストラン。

そこでこんなもの食べました!

エジプトではよく食べられるという、ハトのグリル!


味はいたって普通の鶏肉。

でも、けっこう小さく、肉も少なかったので皮を食べてるかんじだった。









アスワンはカイロ、ルクソールに比べると小さな街。

夜もそこまで騒がしくなくていいところだなあ(*´`)



さて、明日も暗いうちに起きなきゃいけない!

おやすみなさーい。


3日目、ルクソール観光の後編です。

午後の東岸ツアー。




ランチのあとは少し時間が空いたのでいったんホテルで休憩。



とにかく午前中からガンガン観光してたのでかなり疲れてたけど、

午後はあたしが見たかった神殿のひとつでもあるカルナック神殿に行けるのでワクワク♪









3時ぐらいにツアーの車がホテルまで迎えに来てくれて、いざ出発!

カルナック神殿とルクソール神殿を回ります。


… といっても、車がないと回れない広さの西岸に対して、東岸は意外と街中なので近そうだった。



まずはカルナック神殿!

カルナック神殿の中にまたいくつかの神殿が集まってるのでかなり広い。

その中でもアムン大神殿はほんとーにすごかったです。

写真撮りまくったんだけどブログにのせるのにちょうどいいのがあんまりないなー(´・ω・`)


アムン大神殿の大列柱室。

とにかく大きい柱がたくさん並んでるんです。

写真には写ってないけどこの左右に何本も続いてるの!

たぶん大きいやつで20m以上ある(゚Д゚ノ)ノ

そしてひとつひとつヒエログリフとかが彫ってあってすごい迫力ー



この旅行に来て思ったけど、エジプトの遺跡はどれも想像を裏切らない!

有名な場所とか 『生で見ると意外とそうでもない…』 ってよく聞くけど、
エジプトにある神殿や遺跡はどれも想像通り、または想像以上に存在感があって圧倒された。




これは入り口のあたり。

このあと行ったルクソール神殿とこのカルナック神殿は昔スフィンクス参道でむすばれていたんだって。

その面影残るスフィンクスたち(*´`)








そして、こちらがルクソール神殿。


左側に見える柱はオベリスク。

もともと対になってたもので、もう片方のオベリスクは今パリのコンコルド広場に建ってるやつらしい!


ルクソール神殿もなかなかよかったです!

夕日が差してきて、なんか趣きがありました。






短かったけど、これで午後のツアーは終了。



ホテルで少し休んだら、夜ご飯を食べに街へくりだしました。



ルクソールは街中に馬車が走ってる。

カイロにはなかった光景。

やっぱりすれ違うたびに声かけられます。



ご飯の前に、ルクソール神殿の近くにあるマックへ立ち寄る。

ここにあるエジプト限定のマックタオルを買うため(・∀・)!


値段は10USドルちょっと。

かなり大きいです。 バスタオル以上、もうタオルケットって感じ…笑

マックのロゴとピラミッドとラクダのイラスト、そしてEGYPTの文字。


しかもエジプトの中でも3店舗ぐらいでしか売ってないみたいなので狙ってたんです♪


写真は今から撮るのめんどいので載せない笑



夜ご飯はマックから少し歩いたとこのレストラン。


コフタとごはん。

ちょっとかたいけどおいしい! 100%牛肉〜ってかんじの味。(実際は羊かも)


右側にあるナンっぽいのはアエーシというパン。

どこのレストランでもだいたい付いてくる。 こっちではポピュラーな食べ物みたい。







今思い出してみるとこの日が1番歩いた気がする!

ルクソールは見所多いけど1泊しかしなかったからねー



明日の朝にはルクソールを出ます。

自分たちで考えたスケジュールとはいえ、忙しいなー笑






続く…。+.(○´∀`ノノ


2時起床。 早すぎ。 睡眠時間4時間ほど。


日本から5時半のルクソール行き国内線をとっていったため。





ホテルの人に空港まで送ってもらい、ルクソールへ1時間ほどのフライト。


国内線なのでもちろんエジプト航空。

しかし、この国内線が1時間ぐらい遅れたせいで、この日は朝からバタバタになっちゃった。




ルクソールについたときには8時ぐらいになってて、そのまま迎えの人に連れられ慌しくホテルにチェックイン。

部屋に入る間もなくそのままツアー笑







ルクソールは見所がナイル川をはさんで西岸と東岸にわかれています。

午前中は西岸ツアー。





まず王家の谷。

岩山の中にあって、何かの採掘場みたいな雰囲気。

ここには過去のファラオのお墓が集まっています。


お墓の中は壁一面に装飾がされていて、奥に進むとおそらく棺を置くための少し広い空間がある。


王家の谷はカメラ持ち込み禁止なので写真はありません。


車から見た西岸の岩山。

手前に映る草木の緑とのコントラストがいい感じ。

この緑は、ナイルがもたらしたものなんでしょうねー(゚∀゚)




その次は、ハトシェプスト女王葬祭殿。

たしか、ハトシェプストは最初の女性ファラオだった気がします。


こう見ると、崖を削って作ったんだろうなーってのがよくわかります。

他の神殿がフラットなのに比べてここは2階建てみたいになってる(段がある)のが特徴的なんだって。

個人的にここはエジプトで見た神殿の中でもけっこうお気に入り(*´`)





そのあとは王妃の谷。

ここは王妃のお墓が集まってるんだけど、
1番の見所であるネフェルトアリ(ラメセス2世の妃)の墓が修復中だったためか、観光客あんまりいなかった。

誰かのお墓には赤ちゃんのミイラがあってびっくり。。





最後はメムノンの巨像に立ち寄って写真撮影。


巨像のうしろにはもともと葬祭殿があったんだって。

今では鳥の住処になっていました。 歴史の流れを感じさせる像。







午前中でこれ全部まわったので結構ハード!

でも西岸は歩きやチャリじゃ無理だと思うのでツアーに参加してよかった〜


一人旅してる日本人とかとも喋れたし★





お昼は東岸に戻ってナイル沿いのレストランでごはんでした。


ひたすら暑いけど、午後も観光がんばるぞ。

次の旅行記へ続く…


2日目。

この日は1日カイロとギザの観光。



人数限定のピラミッドの中に入りたい! とゆう目標があったため、早めにホテルを出発。


バス停に着きピラミッド行きのバスを探すも…沢山あってよくわからず。。。

そのへんの運転手さんに 『ギザまで行きます?』 って聞いておしえてもらったバスに乗り込む。


バスの中。


乗ってみると、明らかにローカルな市内循環バス的なかんじ。

運賃なんと50pt.! (約9円)



まあしかし、いつになってもピラミッドは見えず、気づいたら終点。

ここどこ?? ってことで折り返すらしいので同じバスにまた乗る。

今度こそ 『ギザ行くのね?』 って運ちゃんに確認。

で、運ちゃんに合図されて降ろされたところも明らかにピラミッド近い雰囲気じゃない。


ここどこやねん!(*`・ω・´)ノ



もうしょうがないのでタクシーひろう。

タクシーの相場もわからないので運ちゃんに提示された額そのまま。(おそらく相場の3倍ぐらい)



たぶん…今考えるとギザはギザでも広くて、いちお降ろされたところはギザ市内だったのだろう。

明らかに観光客風のうちらを見て 『ピラミッドでも見に来たんだな』 て察してくれる …わけないか笑



タクシーで街中を走っていくと、

突然ビルの後ろに どーん!!!!!!!!

ほんっとにいきなり現れるんですよ、 ヤツは(≧U≦●)


いっきにテンション最高潮。  ボられてることなんて忘れるぐらい。笑


待ちに待ったピラミッド!

とにかく おーきい!!(・∀・)



上の写真はギザの3大ピラミッドの中でも1番大きいクフ王のピラミッド。

この中に入りたいと思ってたんだけど、行きのバスで彷徨ったおかげでダメでした(´・ω・`)



TVでみるピラミッドそのまんまだ…

とにかく感動。


こちらはスフィンクス。

よく見るとなかなかまぬけでかわいい顔してた(*´`)笑

本当はひげとかついてるらしい。 そしてそのあごひげは今イギリスあたりにあるらしい。




ラクダとピラミッドの2ショットが いかにもエジプト! って感じのお気に入りショット★


ラクダを引いたおじさんもたくさん。

めっちゃ声かけてきます。 『カメル? カメル? (←camel)』 って。

ラクダ乗りもボってくるとゆう噂だったのでシカトしてた。



それにしても大きいので周辺を歩くのも大変。

いちばん小さいメンカウラー王のピラミッドまでは距離がありそうだったので遠くから眺めるだけにしました。



これはピラミッドの近くにある、太陽の船博物館。

これが太陽の船とゆうものらしい。

クフ王が何か関係してるらしいんだけどよく覚えてない…笑





そのあとはシタデルとゆうところまでタクシーで移動。


このタクシーの運ちゃんもすごい人で、

追突事故おこしました。笑

停車する直前に前の車にゴツンってぶつかっただけだから怪我とかはしなかったけど。

しかも事故ったあとも平気で140キロ(一般道で!)出すツワモノ。笑




シタデルはサラディンとゆう人が対十字軍の拠点として作った城塞らしいです。


私たちの目的はその中にあるガーマ・ムハンマド・アリ(写真)。

ここ、内装がすんごいキレイでした。


上を見上げるとシャンデリアと天井の装飾が!

靴を脱いで入るからってのもあると思うけど、とっても神聖な気分になります。




そのあとは暑かったけど頑張って考古学博物館へ。



中はカメラ持ち込み禁止なので写真はありませんが、

とにかく広くてじっくり見てるといつまでたっても見終らないくらい。


きっとかなーり貴重なものがゴロゴロあったんだろうけど、ずっと見てたら全部同じものに見えてくる笑

もっと深く歴史を勉強してくるべきだったな(´・ω・`)


あと、とにかく外が暑くて体力を消耗してたためにじっくり見れなかったのもあります…笑




そのあとはエジプトでメジャーなファーストフードであるコシャリを食べて帰りました。

ホテルの近くに人気らしいお店があったのでそこにしました。

米、パスタ、トマトソース、オニオンフライ、レンズ豆とかが入ってます。

これは5L.E.。(100円弱)


味はけっこうおいしくて、ミートソースパスタの辛いバージョンって感じ♪






16時半ぐらいにホテルに到着。

初日から1日中歩き回ってもうヘトヘト…

そして明日は早朝の飛行機に乗らないといけない!

早めにシャワー浴びて寝ました。 おやすみなさい。